吸水中のミヤマカラスアゲハ

雨後の水たまりなどに集まって吸水しているカラスアゲハ、ミヤマカラスアゲハなどを晴天時に見かける

良く見ると写真のように羽を閉じ、腹端から一定の間隔で水滴を排泄しながらの吸水である。黒い羽が熱を

良く吸収するので体温の調節をするためと説明されているがそれだけではないようである。また、からだの

向きに何か規則性があるように思われ、その点を観察、調査しようと考えている。



[蝶の目次へ] [花の目次へ] [番外の目次へ]  [トップ頁へ]